シェラトン沖縄サンマリーナリゾート ハイフロアデラックス 宿泊レポ

ホテル

海外旅行が行きにくい中で国内のリゾートといえば沖縄と思う方も多いはず。
そんな沖縄にはマリオット系列のホテルが4つ展開しています。

今回はシェラトン沖縄サンマリーナリゾートのハイフロアデラックスを紹介します。
また、ゴールドエリートで受けられる特典やアップグレードについても紹介します。

この記事ではホテルの部屋や、館内設備について知ることができますので旅行計画の参考になると嬉しいです。

ちなみに沖縄県内のマリオット系列は以下の4つです。
・ザ・リッツ・カールトン沖縄
・イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古
・シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
・ルネッサンスリゾートオキナワ

料金についてはこちら↓

じゃらん
楽天トラベル
一休

部屋

シャラトン沖縄サンマリーナリゾートは、
メインタワーとサウスタワーに分かれています。

メインタワーは2016年に全室リニューアルを行いました。
サウスタワーは比較的新しい棟で、サウスタワーの宿泊者専用のラウンジがあるなどサウスタワーの方が部屋ランクが高くなっています。

今回紹介するハイフロアデラックスは、メインタワーにある部屋です。
各部屋の客室のタイプは以下の通りです。

客室タイプ(グレード順)
(M/メインタワー S/サウスタワー)
・パーシャルツイン(M)
・パーシャルダブル(M)
・ダブルルーム オーシャンビュー(M)
・デラックスルーム ツイン(M)
・ハイフロアデラックスルーム ツイン(M)
・プレミアムラナイ ガーデンビュー ツイン(S)
・プレミアムオーシャン キング/ツイン(S)
・オーシャンメゾネット(M)
・オーシャンスイート(M)
・サンセットスイート(S)
メインタワーは1階から吹き抜けになっている

アップグレード

今回は公式サイトから一番安いパーシャルツインを予約しました。
サウスタワーにアップグレードされている方もいたので、多少期待していたのですが結果はメインタワーでした。

ゴールドエリートの宿泊特典

・500ポイント
・14時までのレイトチェックアウト
・駐車場無料
・ウェルカムスイーツ
・ビーチパラソルとデッキチェアのレンタルが無料

部屋にあったウェルカムスイーツ

間取り

部屋の間取りは以下の通りで、広さは32〜36㎡です。

居室

居室はシングルベッドが2台とソファがあります。
部屋自体はソファベッドで4人まで宿泊できるので、相当ゆとりのある広さでした。

食事をテイクアウトして部屋で食べても余裕のある広さで長期滞在や、家族での滞在に向いていると思います。

バルコニー・眺望

このホテルではバルコニーがある客室が多く、部屋の向きよっては海や夕日が綺麗に見えたりします。
ホテルの入口が海と反対側にあり、奥に進むほど海が近くなり見やすくなる作りをしています。
私が宿泊した部屋は入口側から2番目の部屋で、バルコニーに出ないと海が見えない位置でした。
また、季節によると思いますが、虫や鳩がいてバルコニーでのんびりしようとは思いませんでした。

バス・トイレ

バス・トイレは別です。
バスは、レインシャワーがついていて海で遊んで疲れた時に浴びるととても気持ちがいいです。
バスルームはガラス張りですが、ブラインドを閉めて目隠しすることができます。

アメニティ・備品

アメニティ・備品は一通り揃っています。
ここからは写真で紹介します。

スリッパの他に新品のビーチサンダルもあったので、海に散歩に行く時にとても重宝しました。

カップ類とコーヒー類とサービスの水
冷蔵庫・ポット・アイスペール
スリッパとビーチサンダル
ルームウェアはツーピースタイプ
バスローブ
歯ブラシなど
バスルームのシャンプー類は備え付けタイプ
石鹸
ドライヤー

館内設備

館内にはレストランやラウンジ、ジム、大浴場、プールなどがあります。
ホテル周辺に食事できる場所は少なく、居酒屋とハンバーガー屋が1軒ある程度なので、ホテル内のレストランを使うか事前に持ち込むことをオススメします。

あるもの

・共用トイレ(客室階には無し)
・喫煙所
・フィットネスジム
・売店
・コインランドリー
・自動販売機(アルコール・ソフトドリンク)
・製氷機
・レストラン
・バー
・手作り体験
・カラオケ
・ゲームルーム
・キッズプレイエリア
・インターネットコーナー
・会議室
・スパ/大浴場
・更衣室/ロッカー
・屋内プール
・プール
・水族館(無料)
・各種アクティビティ

ないもの

・電子レンジ
・クラブラウンジ

ホテルの構造

ここではメインタワーについて紹介します。
(サウスタワーは宿泊していないので立ち入ることができませんでした。)

メインタワーは地上1階から9階まであります。
スパ・プール・フィットネスジムなどは海の近くの別の建物にあります。

・1階:レセプション・売店・レストラン・バー・手作り体験・カラオケ・ゲームコーナー・キッズプレイエリア・インターネットコーナー
・2階:コインランドリー・自動販売機・製氷機・会議室
・2〜9階:客室
水族館(無料)

1階にあります。
レセプション近くには大きな池があります。
その中では、エイ、カサゴ、ヒトデなどの生き物が飼育されています。
ちなみにこの生き物たちにはエサをあげることができます。

売店

1階にあります。
お土産、アルコールを含むドリンク類、お菓子・カップ麺などの軽食類が置いてあります。
ホテルから10分くらい歩いたところにファミマもありますが、意外と品揃えがいいのである程度のものは揃います。

コインランドリー

2階にあります。
洗濯機と乾燥機が別になっていて、それぞれ6台ずつ設置してあります。
洗濯機は200円、乾燥機は100円です。
洗剤は自動投入ではないので、自分で準備する必要があります。
もし洗剤がなくても、すぐ横に自動販売機で100円で販売しています。

最近のホテルでは洗剤自動投入の全自動洗濯乾燥機をよく見るのですが、ここのランドリーエリアは更新されていませんでした。
また、部屋で洗濯機の使用状況を確認することもできません。

時代を感じる洗剤の販売機
喫煙所

各フロアのエレベーター付近のテラスにあります。

自動販売機

2階にあります。
アルコールとソフトドリンクがあります。

沖縄らしくオリオンビールがありました。

製氷機

2階にあります。
部屋にアイスペールがあるので氷はそちらに投入します。

ゲームルーム

1階にあります。
卓球やビリヤード台があり、特に予約などは必要なく無料で自由に利用できます。
利用は1組15分程度で利用するように掲示文がありました。

カラオケ

1階にあります。
私が行った時はコロナ禍だったので、個室のワーキングスペースになっていました。

手作り体験

1階にあります。
シーサー作り、絵付けジンベエ、美ら海キャンドル、フォトフレーム、砂絵ボード、サンゴランプなどが作れます。
雨が降って海で遊べない時に使うといいかもしれません。

キッズプレイエリア

1階にあります。
小さな子供が遊べる滑り台やトランポリンなどがあります。
こちらも雨が降った日には重宝しそうです。

レストラン

レストランは4店舗あります。

ダイニングルーム センス

1階にあります。
朝食・昼食・夕食すべての時間帯で営業していて、主にブッフェ形式での提供になります。
宿泊者の多くはこのレストランを利用することが多いかと思います。

営業時間:毎日7:00〜21:00

朝食の様子はこちらから↓

ザ・グリル

レストラン棟にあります。
こちらは上記の「センス」と比べて高級なレストランです。
名前の通り和牛やシーフードをライブキッチンで焼き上げるスタイルのレストランです。

営業時間:土曜日17:30〜21:00

サンセットバー&テラス

1階にあります。
こちらは名前の通りバーで、海を眺めながらオリジナルカクテルをいただくことができます。

営業時間:木曜日〜月曜日19:30〜0:00

スターフィッシュビーチカフェ

プールサイドにあります。
売店形式で、軽食やドリンクをテイクアウトできます。
日中のみの営業で営業時間は季節により異なります。

各種アクティビティ

ジップラインやウォータースライダー、カヤックなどがあります。
ジップラインはドローンで撮影をしてくれるオプションなどもありました。

海で使えるビーチパラソルとデッキチェアのレンタルもここの受付でできました。

色々なアクティビティを楽しみたい方は「リゾートパス」がオススメです。
大浴場や各種アクティビティが滞在中何度でも楽しめます。

「リゾートパス」
宿泊者
大人:4,400円
子供(6〜12歳):2,200円
ビジター
大人:6,600円
子供(6〜12歳):3,300円
ホテルイチオシのジップライン
屋外ガーデンプール

宿泊者は無料で利用できます。
入り口には係員がいて宿泊者か、「リゾートパス」所持者しか入れないようになっています。
エリア内にはウォータースライダーもあります。

ウェータスライダーは2種類
プールサイドでも十分楽しめる

ウェルネス&スパ ぬちぐすい

ホテルとは別の建物で、スパや大浴場、屋内プールや更衣室があります。
建物は3階建てになっています。

大浴場

2階にあります。
大浴場は「リゾートパス」を所持していてかつ宿泊者でないと利用できません。

営業時間:16:00〜24:00、6:30〜11:30

家族風呂

3階にあります。
広さの違う浴室の「波(なみ)」と「風(かじ)」の2種類があります。

料金は1部屋単位なので、定員内であれば何人で利用しても同額です。
波:5,500円、定員8名(1時間)
風:3,300円、定員5名(1時間)

営業時間8:00〜23:00

フィットネスジム

2階あります。
宿泊者であれば自由に利用できます。
予約等は不要で、利用時はカードキーをかざして入室します。

キャパは5〜10名程度が利用できるくらいで、
タオルはなく、冷水機が設置してありました。

天気が良い日は海辺を走るのが気持ちいいですが、
夜間や雨が降っている時はこちらを利用した方がいいと思います。

ウェア・シューズのレンタルはありませんでした。
24時間利用可能です。

CHURAKU SPA

3階にあります。
マリンボールトリートメントやヘッドスパなどのリラクゼーションが受けられます。

営業時間:11:00〜23:00

ボディリフレクソロジー

2階にあります。
CHURAKU SPAよりもリーズナブルな価格で、
オイルを使用しないリラクゼーションが受けられます。

料金は、
40分:4,950円、60分:6,600円です。
営業時間:16:00〜23:00

屋内プール・更衣室・ロッカー

1階にあります。
海に行くときはここで着替えなどを行うのが便利です。

ロッカーと更衣室は、宿泊者であれば無料で利用することができます。
シャワーはとてもきれいでシャンプー類やドライヤーが設置してあり、
とても快適に海水浴を楽しめると思います。

屋内プールはリゾートパスがないと入場できません。

アクセス

アクセスは断然車がオススメです。
那覇空港から約1時間で到着します。

車以外ではバスの利用になります。
那覇空港から30分に1本程度出ている120 名護西空港線「名護バスターミナル」行きのバスに乗車して、「サンマリーナホテル前」で下車するとホテルは目の前です。
運賃は大人1,380円で、1時間30分ほどで到着します。

ホテル概要

このホテルは元々サンマリーナホテルとして1987年に開業しました。
その後、2016年に大規模リノベーションを実施した後、シェラトンとしてリブランドオープンしました。
リブランドしたのはメインタワーのみで、サウスタワーはシェラトンとしてオープンした2016年に建てられました。

元々はJALホテルズのリゾートホテルとして長く運営していたので、
JALのホテルというイメージがある方もいるかもしれません。

料金についてはこちら↓

じゃらん
楽天トラベル
一休

基本情報

住所:沖縄県国領郡恩納村字冨着66-1
開業:2016年6月1日(リブランドオープン)
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜12:00
駐車場:有(1泊/500円、最大1,500円)

タイトルとURLをコピーしました