【2022年最新】宿泊者限定朝食「スーパーLiveブッフェ」全メニュー紹介レポ(京王プラザホテル)

ホテル

2022年1月16日に京王プラザホテルの朝食の中でも、
ライブキッチンが人気のスーパーブッフェ<グラスコート>の朝食が、
極上の朝食〜スーパー”Live”ブッフェ〜」としてリニューアルオープンしました。

この記事では、利用方法や提供される料理を全品解説していきます。
利用を検討されている方の参考になると思います。

利用方法

このブッフェは京王プラザホテルの宿泊者限定で利用することができます。
ホテルの公式サイトからだけでなく、一休やじゃらんなどの予約サイトからも予約できます。

料金・プランをお探しの方はこちらから↓
じゃらん
一休

レストランの営業時間は6:30〜10:00で、ホテル予約の際に来店時間も一緒に予約します。

ポイント

利用できるのは京王プラザホテルの宿泊者限定。

来店時間はホテル予約時に指定する。
指定できる時間は、
・6:30〜7:15
・7:30〜8:15
・8:30〜9:15

食事

ここからはお待ちかねの食事の内容についてです。

レストランのエリアは
・LIVE KITCHEN
・ISLAND
・DRINK
の3つのエリアに分かれています。

この先はエリアごとに紹介していきます。
赤い文字で書かれているのはLiveキッチンでシェフが作ってくれる調理です。

チェックインするとブッフェの案内図がもらえる

LIVE KITCHEN

このエリアでは和洋中のシェフが様々な料理を目の前で調理してくれます。
このブッフェの目玉となるエリアで、
入れたい材料やオススメなどをシェフと会話しながら自分好みの一皿に仕上げることができます。

オムレツ
ラクレットチーズ
朝汁 
料理長のスペシャルたまご料理
・ポーチドエッグ入り クラブケーキ
・ハッシュドビーフ オムレツ
・ウフブルイエ(スクランブルエッグ) フォアグラのソテー

ホテルブッフェでおなじみの卵料理もスーパーLiveブッフェの手にかかるとこんなに豪華になります。

「ポーチドエッグ入りクラブケーキ」は卵にナイフを入れると半熟の黄身が溢れ出し、ホワイトソースと混ざりとても上品な味の変化を楽しめました。

卵料理は全て目の前で調理してくれるので、食欲がそそられること間違いなしです。

洋食
・海老ときたあかりのニューバークソース
・帆立貝とセップ茸のフリカッセ
・温野菜★
・ベーコン★
・ジャンボブラン★
・ソーセージ★
・ラクレットチーズ(★の料理にかけて提供)
彩り菜園サラダは別のコーナーにあります。

洋食ゾーンはラクレットチーズがシェフが調理してくれる一品です。

ベーコンやソーセージ、アスパラやカリフラワーなどの温野菜を自分で取り、シェフにチーズをかけてもらいます。
量を調節できるので、多めにかけてもらいました。

冷めるとチーズが固まってしまうので、最後にサーブすることをオススメします。

和食
・土鍋炊きご飯〜南魚沼産コシヒカリ〜
・朝汁
・自然薯とろろ(唐津産)
・だし巻き玉子
・焼鮭
・野沢菜
・倭漬け
・佐賀海苔(ホテル特撰)

和食ゾーンではシンプルながら、洗練された食材を使用した、これぞ!日本の朝食!といった料理が提供されていました。

ちょうど入店した際にスタッフの方に、
「土鍋炊きご飯が炊きたてでございます。」
と案内されたので真っ先に向かいました。

ご飯をよそってもらっている間に、シェフの方から漬物や海苔、醤油の説明をしていただき、意識して食べることでより料理の美味しさが増したように感じました。

中華・その他
・干し貝柱入り中華粥
・ふかひれ入り餡
・搾菜(ザーサイ)
・あさり入りポタージュ(正式な料理名を忘れてしまいました)
・鶏肉入りフォー

中華ゾーンではホテル内にある中国料理「南国」で人気の中華粥とフカヒレが提供されています。
全く同じ商品はないのですが、似たような商品が入っているランチコースは4,800円で提供されているので、このブッフェで食べることができるのはとてもお得です。

中華料理以外にはお米の麺で作られたフォーや、ポタージュがありました。

ISLAND

このエリアはサラダや生ハムなどの冷製のオードブルがあります。
ISLANDは「コールドアイランド」と「デザートアイランド」の2つに分かれています。
こちらにもシェフやパティシエがいて目の前で調理してくれます。

カラフルデニッシュ
コールドアイランド
・パルマ産生ハム&サーモンマリネ×パン・ド・カンパーニュ
・鴨胸肉とギリシャ風シャンピニョンマリネ
・シーフードの和風ジェノベーゼ
・アンコウのエスカベッシュ
・ポテトサラダとかぼちゃのモンブラン仕立て
・野菜のサラダ パフェスタイル
・チーズ各種
 (カマンベールチーズ・スモークチーズ・クリームチーズ・ブルーチーズ)
・彩り菜園サラダ
・チアシード
・カヌア
・ドレッシング
 (にんじんドレッシング・ビーツドレッシング・フレンチドレッシング・バルサミコ酢・ジェリービネガー・EXバージンオリーブオイル・マカデミアオイル・アボガドオイル)

コールドアイランドではホテルメイドのパン・ド・カンパーニュに、好みのパルマ産生ハムや、サーモンマリネを乗せて自分だけのオープンサンドを作ることができます。

冷製の前菜が多く揃っているので、シャンパンやスパークリングワインのおつまみにぴったりです。

デザートアイランド
・カラフルデニッシュ
 (苺・栗・ぶどう・フランボワーズ・ブルーベリー&ブラックベリー)
・京王プラザホテル伝統のジャーマンチーズケーキ
・京王プラザホテル伝統のいちごショートケーキ
・低糖質プリン
・低糖質いちごのショートケーキ
・季節のフルーツタルトレット
・グランベリーゼリー
・アセロラゼリー
・フルーツ
 (パイナップル・ぶどう・柿・キウイ・いちご・オレンジ)
・自家製アイスクリーム
 (バニラアイスクリーム・コーヒーアイスクリーム・キウイシャーベット・ポワールシャーベット)
・オーガニックハニーアーモンドグラノーラ
・パルテノヨーグルト
・プレーンヨーグルト
 (ストロベリーソース・ライチ・マンゴー)
・ホテルメイドブレッド
 (パン ド カンパーニュ・クロワッサン・バケット・イングリッシュブレッド)
・ジャム
 (ブルーベリージャム・ストロベリージャム・はちみつ・バター・ラズベリージャム・塩キャラメルジャム)

デザートアイランドではホテルメイドのデニッシュの上に好みの季節のフルーツをリクエストして、オリジナルデニッシュをパティシエが作ってくれます。
ちなみに今回のオススメは栗とのことです。

ケーキはホテル内のフードブティック「ポピンズ」で扱っているケーキやパンが提供されています。
ケーキは450〜600円程度で販売されているので、ブッフェで食べてみて気に入ったらお土産に買って帰ることもできちゃいます。

DRINK

このエリアには文字通り飲み物があります。
朝食ブッフェには珍しくスパークリングワインを取り扱っています。
→2022年3月31日までは期間限定で50周年記念オリジナルシャンパンがあります。

・コーヒー
・紅茶
・スムージー
・なかひら農場「果樹ある生活」
 (ぶどう・とまと・すりおろしりんご・みかん)
・50周年記念オリジナルシャンパン
 (ハイパー・エドシック エッセンシエル)
・コーヒーマシーンによるラテ類
・ドリンクマシーンによるソフトドリンク

オススメはやはりシャンパンです。
ホテル開業50周年を記念してシャンパーニュ・メゾンとコラボしたシャンパンで、開業以来初の試みとなるホテルオリジナルシャンパンです。
ちなみに13,200円で販売しているので、気に入ったらお家で楽しむこともできちゃいます。

写真の他にはマシーンでコーヒー、ラテ、ココアや、ソフトドリンクなどの提供があります。
食後には紙コップでコーヒー類をお部屋に持ち帰ることもできます。

まとめ

今回は開業したばかりの「極上の朝食〜スーパー”Live”ブッフェ」を紹介しました。

率直な感想としては過去最高クラスの朝食ブッフェでした。
エリアによって異なるお皿を使い分けており、料理に適したお皿で提供されていました。
改めて、お皿によって料理の印象が変わるのだと感じました。

Liveを推しているブッフェですので、シェフの数がとても多かったです。
他のブッフェで見かける注文したいのにシェフがいない、なんていうことはまず起こらないと思います。

両手がお皿で埋まっているとスタッフの方が声をかけてくれて、お皿を自席まで運んでくれるなどの細かい心配りも見られ、サービス面でも大満足でした。

残念な点は、まだ周知されていないのか、
それとも宿泊者限定なので敷居が高いのか、空席が目立ちました。
今後の認知度向上に期待です。

料金・プランをお探しの方はこちらから↓
じゃらん
一休

部屋の詳細についてはこちらから!↓

タイトルとURLをコピーしました